八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

県議補選 会社会長、金城氏出馬へ

県議補選に出馬の意向を固めた金城利憲氏

県議補選に出馬の意向を固めた金城利憲氏

県政与党の立場、10日に表明
大浜氏と争いの見通し

 9月30日の県知事選と同時に行われる石垣市区(欠員1)の県議補選(21日告示)で、農業生産法人有限会社会長の金城利憲氏(63)=白保=が7日までに、県政与党の立場から出馬する意向を固めた。10日に市内で会見し、正式表明する。

 石垣市区では、市議会議長の知念辰憲氏の出馬断念で無投票の可能性もあったが、すでに出馬を表明している会社代表で自民公認の大浜一郎氏(56)=石垣=と金城氏との争いが確定する見通しだ。

 金城氏は取材に「離島の輸送コスト、燃料費を本島並みに平準化し、離島の不利性を解消したい。農業が衰退しており、地産地消を活性化させ、島外出荷もできる仕組みをつくりたい」と語った。

 米軍普天間飛行場の辺野古移設、平得大俣への陸上自衛隊配備については「どちらも必要ない」との立場を示し、陸自配備については「経済交流が活発化しており、軍隊の時代ではない。中国人観光客が来なくなっており、機会の損失につながっている」と述べた。

 県議補選で大浜氏は、知事選立候補予定者の前宜野湾市長・佐喜真淳氏(54)=自民、公明・維新推薦=とセット戦を展開する。

 金城氏は、「オール沖縄」勢力が推す衆院議員の玉城デニー氏(58)とともに選挙戦を展開したい考えを示した。今後、玉城氏側と調整する。

  • タグ: 県議補選
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム