八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

「尊き1票を○×候補に」。ウグイスも声をからす。…

 「尊き1票を○×候補に」。ウグイスも声をからす。3市町議会議員選挙の戦いはきょうまで。その尊い1票を決してムダにしてはならない▼2006年9月の石垣市議選。最下位当選者に6票差、次点に1票差で落選した候補者が「自分の名前と読める」として無効票の再確認を求めた。それから1年余り。最高裁は「○×氏の名前を誤読して記載したと判断するのが相当」と判示、得票と認定した▼欠員が生じて繰り上げ当選していた次点者の得票と同数となり、くじ引きで当選者を決定することに。くじ運に恵まれず落選したが、1票の価値をあらためて知らしめる出来事だった▼昨年8月の与那国町長選。無効とされた投票用紙には、明らかに候補者名を読み取れるものも複数あったが、「フリガナ」「訂正のための取消線」「書き直し」「書き損じ」「誤字」などがあったとして有効と認められなかった▼仮に認められたとしても選挙結果には影響しなかったが、町選管は「投票者の意思を汲みとるのを軸にすべきだとの判例がある」とし、当時の選管委員長も「今後、立会人とともに選挙の前に勉強会をしたい」と改善を約束した▼投票用紙に書き込む際、有権者は候補者名がはっきり分かるように。そして選挙長と立会人はその意思を最大限汲みとるように。(比嘉盛友)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム