八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

健診異常72・6% 郡内労働者

八重山地区定期健康診断結果

八重山地区定期健康診断結果

全国ワーストの県平均上回る

 八重山労働基準監督署(梅澤栄署長)がまとめた2017年の郡内の労働者(従業員50人以上の事業所に限る)の定期健康診断で、数値に何らかの異常が認められた者の割合が72・6%と、7年連続全国ワーストの沖縄県平均(64・7㌫)を大きく上回った。県平均を上回るのは6年連続。

 2017年は前年より約4ポイント数値が悪化し、県平均との差が7・46?と、過去7年間で最大となった。

 項目別で見ると、異常が認められた割合が県平均より高かったのは▽胸部X線▽尿(たんぱく)▽血糖▽尿(糖)▽心電図。特に胸部X線の14・68%と尿の12・31%は、県平均の2倍以上の数値で憂慮すべき事態。血中脂質の異常は33%で、県平均を下回るものの、3人に1人が異常を示す結果となった。

  • タグ: 健康診断
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム