八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

「この経験を将来に」

カウアイ郡派遣事業で学んだことを中山義隆市長へ報告した(左から)髙橋満月さん、藤原倫さん、山内琉大君=5日夕、石垣市役所庁議室

カウアイ郡派遣事業で学んだことを中山義隆市長へ報告した(左から)髙橋満月さん、藤原倫さん、山内琉大君=5日夕、石垣市役所庁議室

市長に姉妹都市交流報告
カウアイ郡派遣中学生

 8月20日から11日間、石垣市から姉妹都市ハワイ州カウアイ郡へ派遣され、30日に帰島した白保中学3年の髙橋満月さん(14)、大浜中学3年の藤原倫さん(同)、石垣中学校3年の山内琉大君(同)の3人が5日夕、石垣市役所で、派遣中に学んだことや感じたことを中山義隆市長に報告し「この経験を将来に生かしたい」と語った。

 3人は20日から9日間、ハワイ州に滞在。ホームステイやカパア高校での授業参加のほか、パールハーバーや戦艦ミズーリなどを見学する平和学習も行った。

 髙橋さんは「間違ってもいいから積極的に挑戦することが大切だと学んだ。今回の派遣で視野が広がり、物事を新しい見方で見ることができるようになった」と感想を述べた。

 藤原さんは「カウアイと石垣の雰囲気や自然は驚くほど似ていた。英語を話すことで、自信のないことでも積極的に挑戦する勇気がつき、将来の選択肢が増えた」と振り返り、山内君は「カパア高校の生徒たちは海外文化が大好きだが、それ以上に地元に誇りを持っていた。私も足元の石垣島を理解し、またいろいろな土地を歩きたい」と郷土を知ることの大切さを話した。

 中山市長は「この経験が将来きっと役に立つ。カウアイと石垣の架け橋となってほしい」と激励した。

 同派遣事業は2004年に始まりことしで15年目。3人を含め、48人の中学生が派遣されている。

  • タグ: 姉妹都市ハワイ
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム