八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

ライフジャケット着用を呼び掛け 石海保

2014〜2018年の人身事故発生状況

2014〜2018年の人身事故発生状況

管内の死者5人未着用
事故対策の徹底啓発

 石垣海上保安部(花井宏泰部長)が8月末時点でまとめた八重山地区の海に関する人身事故者16人(前年同期3件減)のうち12人、また死亡者5人(同2件増)全員がライフジャケットを非着用だった。同部は「沖縄のマリンレジャーシーズンは11月まで続く。レジャーの際はライフジャケットを着用するなど、事故対策を徹底してほしい」と呼び掛けている。

 マリンレジャーに伴う事故は夏場に増える傾向にあるが、ことしは例年に比べて発生が少なく、事故者は4人(同7人減)。内訳は▽シュノーケリング中▽遊泳中(シュノーケルなし)▽ボードセーリング中▽スキューバダイビング中|でそれぞれ1人。このうち3人は県外者だった。

 マリンレジャー以外の事故のうち、酒に酔い岸壁から海中に転落するケースが2件あった。

 同部は、今夏の事故減少を「地道な事故防止啓発活動が事故抑制につながった」と分析。引き続き啓発に取り組む考えを示した。

 過去5年間の八重山の海に関する死亡者は37人。マリンレジャーにともなう事故者70人中29人、同死亡者23人中11人が、シュノーケリング中の発生だった。

 4日も平久保の石垣島サンセットビーチでシュノーケリングをしていた観光客の男性(61)がうつぶせに浮いている状態で発見され、死亡が確認された。

 同部は事故防止策としてこのほか▽シュノーケリングは基礎を習得してから行う▽レジャー時の最新気象情報をチェックする▽飲酒後、体調不良時などは泳がない▽安全な施設が整っているビーチで泳ぐ▽連絡手段の確保ーなどを呼び掛けている。

  • タグ: 石垣海上保安部
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム