八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

富崎、50位目標に 川原、自己最高を

エイジ日本代表に選出され、ゴールドコーストで開かれるITU世界トライアスロンシリーズグランドファイナルに出場する富崎義明(左)と川原千賀子=トライアスロンチーム冠鷲提供

エイジ日本代表に選出され、ゴールドコーストで開かれるITU世界トライアスロンシリーズグランドファイナルに出場する富崎義明(左)と川原千賀子=トライアスロンチーム冠鷲提供

世界トライアスロンシリーズ グランドファイナル出場

 オーストラリア東海岸のゴールドコーストで12~16日に開催されるITU世界トライアスロンシリーズグランドファイナルに、エイジ日本代表として、八重山から富崎義明(52)=石垣市新川=と川原千賀子(55)=市登野城=の2人が出場する。富崎は2009年以来2度目で、川原は念願の初選出。12日のアクアスロン(スイム、ラン)、16日のトライアスロンに出場する。

 エイジ日本代表は、JTU(日本トライアスロン連合)が主催する国内エイジランキング対象大会で、各年代別の上位から国際大会への出場選手約20人が選出される。男女とも5歳刻みの年代別でランキングし、2人は石垣島トライアスロン大会2017での上位の活躍が認められた。

 9年ぶりに代表となった富崎は、初選出の09年にゴールドコーストの同大会を経験している。エイジ部門の出場選手100人中50位を目標に掲げ、「ベストを尽くして臨み、大会を楽しみたい」と意欲を見せる。

 川原は49歳でトライアスロンに挑戦、富崎の指導で頭角を現した。スポーツと縁がない半生を送ってきたというが、「こんな自分でもやれる」と自信をつけ、現在はマラソンにも参戦している。

 念願のエイジ日本代表に「元プロや元五輪選手も出場する大会。自己ベストを目標に力走したい」と意気込んでいる。

  • タグ: トライアスロン
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム