八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

石垣市議選、きょう告示

30人が立候補予定 激しい集票合戦へ

 9日投開票の石垣市議会議員選挙は2日告示され、定数22に現職15、新人11、元職4の計30人が立候補を届け出る予定だ。各陣営は店舗や自宅の選対事務所で、立候補届け出が始まる午前8時半以降、出陣式・出発式を行い、7日間の選挙運動を開始する。これまで水面下で支持固め、票の掘り起こしを進めてきており、告示と同時に激しい集票合戦を展開する見通し。告示翌日の3日からは「毎日が投票日」として期日前投票にフル回転する。

 今選挙は、拮抗(きっこう)する与野党勢力が改選後にどう変化するかが最大の焦点。改選結果が、平得大俣への陸上自衛隊配備予定地約46㌶の半分を占める市有地の行方を左右することになる。

 中山義隆市長は配備計画に協力する考えを表明しており、与党多数の場合は配備計画が進展し、野党多数の場合は頓挫する可能性がある。

 本紙アンケートによると、予定候補30人の中山市長に対するスタンスは、原則支持の与党系が現職10、新人5、元1の計16人、原則不支持の野党系が現職4、新人5、元2の計11人、「是々非々」の中立は現職2、新人1の計3人となっている。

 平得大俣への陸自配備計画については賛成が13人、反対が12人、「慎重」その他が5人。与党系は公明2人を除くほぼ全員が賛成、野党系は全員が反対、中立系は賛否が割れている。

 立候補の届け出は午前8時半から午後5時まで市役所第1・2会議室で行われ、市選挙管理委員会が受け付ける。

 各陣営は届け出順が決まり次第、146カ所ある掲示場にポスターを貼り、選挙カーで遊説する。市内は7日間、候補者名の連呼で喧噪に包まれる。

 市選管によると、有権者数は1日現在、3万8718人(男1万9312人、女1万9406人)で、前回3万7197人(男1万8505人、女1万8692人)より1521人増えている。前回は29人が立候補し、投票率70・09%で最下位当選者が694票、次点が682・411票だった。

石垣市議選立候補予定者

※pdfファイルが別ウィンドウで開きます。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム