八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

西日本豪雨被災地にエール

オープニングでフラダンスサークルの子どもたちと曲を披露するBEGIN=1日午後、真栄里公園

オープニングでフラダンスサークルの子どもたちと曲を披露するBEGIN=1日午後、真栄里公園

チャリティーバザーも開催 コンサートで支援呼び掛け

 西日本豪雨で被災した人々を石垣島から支援する音楽イベント「西日本豪雨災害支援チャリティーバザー&4Mコンサート」(同実行委員会主催)が1日夕、真栄里公園で行われ、石垣市出身アーティストのBEGINや地元学生らが出演して被災地にエールを送り、会場には2500人(主催者発表)が訪れた。

 オープニングにはBEGINの3人が登場。市内のフラダンスサークルとエイサー団体が「お嫁においで」、「ウルマメロディー」の曲に合わせてステージを彩った。

 また、地元の小学生から高校生までの子どもたちも出演。「BEGINマルシャショーラセッション」では市出身アーティストが次々に参加して会場を盛り上げた。場内にはチャリティーバザーやフリーマーケットも出店。会場では募金活動も行われた。

 岡山県倉敷市真備町出身で実家が豪雨被害で解体され、両親と兄が今も避難所で生活するなか、イベント開催のきっかけとなった石井大輔さん(35)=伊原間=は「現地では必要な物資は間に合っているが、心のよりどころになる場所がないので支援してほしい。多くの人々が来てくれて感謝しかない」と話した。

 BEGINの比嘉栄昇さんは「島には被災地出身の人々も多く住んでいるが、今日は祭りの気分で音楽を楽しんでほしい」とエールを送った。

 発起人の田村博孝さん(49)は「お金を送るのではなく、被災地が何を必要としているのか情報収集して届けたい。このイベントで被災地に市民の力を届けたい」と振り返った。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム