八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

八重山の産業まつり 11月3、4日開催決定 

11月3日から2日間の日程で開催が決まった2018八重山の産業まつり。写真は昨年開催の様子=2017年11月5日午後、市民会館中ホール

11月3日から2日間の日程で開催が決まった2018八重山の産業まつり。写真は昨年開催の様子=2017年11月5日午後、市民会館中ホール

出展ブース36に拡大

 八重山の特産品が一同にそろう「2018八重山の産業まつり」(同実行委員会主催)が、11月3日から2日間、石垣島まつりと同時開催することが決まった。会場は昨年同様に石垣市民会館中ホールだが、出展スペースと来場者の動線確保から中ホール外のスペースまで出展会場を拡大。出展ブースは昨年の34から36に増え、このうち竹富町と与那国町の専用ブースをそれぞれ4ブース設置する。

 まつりの開催に向けて実行委員会は8月31日午後、石垣市商工会ホールで第1回の会議を開き、実施日や収支予算案などを承認。

 昨年から市商工会が八重山青年会議所に代わって事務局を担当。産業まつりの単独開催には運営人員の確保などを課題とし、同時開催する石垣島まつりに合わせる考えを示した。

 まつりのテーマは八重山3市町の広域をイメージして「でぃーでぃー 世界へ羽ばたけ やいまむん」に決定。竹富と与那国の両町から出展を増やすことを確認。本年度の予算額は繰越金や参加企業の増加で前年度から21万5627円増え161万9815円。

 委員長の黒嶋克史石垣市商工会長は「前年度は会場が狭あいで課題が残った。会場を拡大させ、2町の専用ブースも設けたので率先して出展してほしい」と呼び掛けた。

 出展の申込期間は3日から14日まで。問い合わせは市商工会(82ー2672)。

  • タグ: 八重山の産業まつり
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム