八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

8月31日付3面掲載の自衛隊配備に関する…

 8月31日付3面掲載の自衛隊配備に関するアンケートで、賛成理由として多かったのは「災害救助」と「抑止力」だった▼防災の基本は自助、共助、公助とよく言われる。石垣市で一義的に公助を担う防災機関は市消防本部である▼ところが、どうだろう。職員は62人と、消防庁が整備指針で目標とされる充足数の45.9%しかない。全国平均77.4%、全国最下位の県平均61.9%を大きく下回り、県内18消防で最下位の充足率である。徐々に向上しているが、まだまだ。まず足元に目を向けよう▼抑止力の主力装備とされるのは、島しょ部への侵攻を洋上で阻止するという地対艦誘導弾と、これと連携して防空を担当するという地対空誘導弾である。これらは車載式で移動可能▼で、何機あるいは何台あれば、抑止としての効果が発揮されるのか。宮古島には、昨年12月の説明会で地対艦4機、地対空3機との説明があったようだが、石垣島への配備数についてはいまだ明らかにされていない。配備に向けた予算136億円を確保したことし4月の段階でさえ、防衛省沖縄防衛局は取材に「現時点では基数は何ら決まっていない」と回答していた▼本当だろうかと疑いたくなる。本当なら、入念に錬られた戦略かと勘ぐりたくなる。でも、業務は着実に進んでいる。(比嘉盛友)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム