八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

IGPAあす発足

IGPAが第1弾で手掛ける石垣島牛そばメニューのプロモーションをPRする池淵巧寛代表理事、中山義隆市長、豊岡塁事務局長(左から)=30日午後、市役所

IGPAが第1弾で手掛ける石垣島牛そばメニューのプロモーションをPRする池淵巧寛代表理事、中山義隆市長、豊岡塁事務局長(左から)=30日午後、市役所

石垣島の「食」を世界へ

 石垣島の「食」を世界に向けてプロモーションする「石垣島グルメプロモーション協会」(池淵巧寛代表理事、IGPA)が9月1日に発足する。第1弾では、石垣島牛そばのメニューをプロモーショングルメに位置づけ、郡内外で牛そばを取り扱う店舗を協力店会員としてソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)で募集後、無料で店舗メニュー1品を紹介すると発表した。

 IGPAは事業展開にプロモーショングルメのほか、島内で開催されるイベントに移動式のキッチンカーを集めて出店するグルメイベントの企画、日本語標記されている店舗メニューを多言語に変換するサービスを支援するインバウンド対応を展開する。

 プロモーショングルメは、飲食店を対象にした協力店会員は会費無料で牛そば用ののぼり1枚を無料で配布、SNSによるメニュー紹介、イベント出店紹介などの対応サポートを31日から受け付ける。9月2日は市内真栄里のe|SHARE石垣でキッチンカースタンドを開く。

 また、事業に賛同する協賛会員も募っており、一般会員は入会費5000円、年会費1万円。特別協賛会員は年間1口で10万円。

 協会発足を前に30日午後、市役所庁議室で中山義隆市長に報告を行った池淵代表は「世界中の観光客に石垣島のローカルグルメをプロモーションして発信することで、観光客の誘客、満足度、経済効果につなげたい」と抱負を述べた。

 問い合わせは同事務局(87-0083)。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム