八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

候補者、12人でほぼ確定 与那国町議選

与那国町議選立候補予定者(50音順)

与那国町議選立候補予定者(50音順)

水面下で激しい前哨戦

 【与那国】任期満了に伴う9月4日告示、同9日投開票の町議会議員選挙(議席10)は28日までに、新人で出馬する意向を示していた自営業の鈴木修氏(51)=祖納=が断念した。取材に「支持者から強い出馬要請を受けていたが、調整が難航して準備が間に合わなかった」と話した。これにより候補者は12人でほぼ確定した。旧盆を終えた島内では、地縁・血縁の取り込みに向け、水面下で激しい前哨戦が展開されている。

 今町議選は、議員定数が6から10に拡大するほか、2016年3月に陸上自衛隊沿岸監視部隊の配備後、初めて行われる町議選挙。現職6人、元職1人、新人5人が激しい集票合戦を展開することになりそうだ。

 昨年8月に4期目の当選を果たした外間守吉町長の支持は6人、不支持は鈴木氏の出馬断念で1人減の6人と同数となった。

 与野党の現議会勢力は野党4、与党2の野党多数となっており、与野党の勢力図の変化が最大の焦点となる。各予定候補者は、約200票と言われる「自衛隊票」の獲得に独自の政策で集票に結びつける構えだ。

 町選管によると、6月1日現在の有権者数は男764人(前回574人)、女603人(同544人)の1367人(同1118人)。2014年9月に7人が立候補した前回選挙は投票率96・78%で、最下位当選者の得票数は120票、次点は117票だった。

 立候補予定者の一人は「超短期決戦で、議席も増え、自衛隊票の行方も見えない。当落ラインを考えるより、どれだけ支持を拡大させて集票できるかに必死」と話した。

  • タグ: 与那国町議選
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム