八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

獅子、勇壮に邪気払い 郡内各地でイタシキバラ

宮良独特の親子獅子で邪気を払う=26日夜、宮良公民館

宮良独特の親子獅子で邪気を払う=26日夜、宮良公民館

 旧盆明けの26日夜、邪気を払い、住民の無病息災と繁栄を願うイタシキバラが各地で行われた。石垣市宮良の「イタスィキィバラ」は、ことし新築した宮良公民館で、父・母・子の親子獅子が勇壮な舞いを見せた。

 雨も上がり、満月が顔をのぞかせた午後9時過ぎに始まった。ドラ、笛の音に合わせて子ども獅子が元気よく舞った後、親獅子も登場。子が親に寄り添う仕草で親子愛を表現、宮良独特の演舞に会場から拍手が送られた。

 前島邦広公民館長は「新しい公民館のもと、集まっていただき感謝したい。村人一人一人の健康と地域の繁栄を願い、きょうは盛り上がろう」とあいさつした。

 公民館役員や青年らが円をなしてアンガマ踊りを繰り広げ、「赤馬節」「鷲ぬ鳥節」「目出度節」「ヨーホー節」を披露。集落内は、夜遅くまで三線の音が鳴り響いた。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

ページ移動

キーワード検索フォーム