八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

登小が昨年に続き銀賞 九州吹奏楽コン

第63回九州吹奏楽コンクールで銀賞に輝いた登野城小学校器楽クラブ=24日午後、熊本県立劇場

第63回九州吹奏楽コンクールで銀賞に輝いた登野城小学校器楽クラブ=24日午後、熊本県立劇場

県内出場の4校で最高得点

 第63回九州吹奏楽コンクール(九州吹奏楽連盟など主催)が24日午後、熊本県立劇場コンサートホールで開かれ、小学生の部に県代表として出場した登野城小学校器楽クラブ(野原未来部長・部員28人)が昨年に続き銀賞に輝いた。

 同クラブは、7月29日に宜野湾市で開かれた第58回県吹奏楽コンクールで金賞を受賞、2年連続8度目の九州大会の出場権を獲得していた。

 小学校の部には21校が出場。12番目に出場した同クラブは「バンドのための民話」を演奏、審査員から技術面や表現力で高い評価を得た。沖縄県内出場4校では最高点だった。

 野原部長は「いつものようにみんながひとつになり、全力で演奏できたので悔いはない。これまで支えてくれた両親はじめ関係者に感謝したい」と晴れやか。

 顧問の富山華子教諭は「7割が演奏未経験者という中での銀は素晴らしく、部員を褒めたたえたい。今後も音楽だけではなく、周りと調和を取りながら、いろんな面で成長してほしい」と期待した。

 25日午後8時25分着のANA1781便で帰島する。

  • タグ: 九州吹奏楽コンクール登野城小学校器楽クラブ
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム