八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

去る19日、久しぶりに野球の取材に行った…

 去る19日、久しぶりに野球の取材に行った。向かう車中で、ラジオからSMAPの歌が流れた。「世界に一つだけの花」(作詞作曲・槇原敬之)。ラジオは、こういう偶然性がいい。ボリュームを上げた▼花屋の店先に並んだ/いろんな花を見ていた/ひとそれぞれ好みはあるけど/どれもみんなきれいだね/この中で誰が一番だなんて争う事もしないで/バケツの中誇らしげに/しゃんと胸を張っている▼店先に並ぶ花の情景が浮かぶ。そんな何気ない日常からオンリーワンの大切を説いた曲。他人との比較ではなく、自らの能力を最大限発揮することに一生懸命になればいいと。歌詞の内容にしみじみとしているうち、運動公園野球場に到着した▼第87回夏季軟式野球選手権大会成年の部決勝は、海人とHUBBALLの対戦。海人が初回、4四球に適時打をからめて一挙3点。その後、エラーで崩れかかったが、なんとか持ちこたえ、5回に2点を追加して5|2で勝利した▼各種大会を通じて結成21年目にして初めて手にしたV。遊撃手が暴投して失点を招いたが、2点三塁打で汚名返上、「狙っていた」と胸を張った▼プレー中でもやじが飛ぶが、和気あいあい。長く続いているのも、オンリーワンを尊重しているからだろう。さっき聴いた曲の影響か。(比嘉盛友)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム