八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

県道沿い斜面で崩落 人的被害の報告なし

大雨の影響で、西表島古見—美原区間の県道215号線ガードレール外側の斜面が崩落した(竹富町防災危機管理課提供)=18日午前

大雨の影響で、西表島古見—美原区間の県道215号線ガードレール外側の斜面が崩落した(竹富町防災危機管理課提供)=18日午前

西表島

 15日から降り続く雨の影響で18日、竹富町西表島古見—美原の県道215号線沿い斜面で崩落が発生した。崩落による人的被害は報告されていない。石垣島地方では南からの湿った空気の影響で、16日午前10時9分に大雨警報が発令され、土砂災害などへの警戒を呼びかけていた。

 町防災危機管理課によると18日午前11時ごろ、「美原方面に向かう県道215号線ガードレール外側の斜面が崩れている」と地元消防団から連絡が入った。この数日間、激しく降り続いた雨が斜面の土に浸透し、幅20㍍、高さ10㍍の規模で崩落が起きた。

 現場は、雨水が斜面に流れ込んでいたため、さらなる崩落を防ごうと東部地区の消防団約10人が、土のう袋を積み、雨水が流れ込まないよう応急措置した。

 対応に当たった石原和義古見分団長は「道路の側溝から崩れた場所に大量の水が流れ込んでいたので、土のうで水の流れを変えた。このままだと県道も崩落する可能性があった」と当時の状況を説明した。

 西表島では17日も高那地区で小規模な斜面の崩落が発生。県は、20日以降に現地調査などを予定している。また、町防災危機管理課によると16日の落雷で住吉~船浮地区で防災無線が故障しているという。

 このほか、八重山事務所によると18日、石垣島で7カ所、西表島6カ所で大雨による道路の冠水が発生し、石垣市の於茂登山登山道入り口付近で崩落が確認された。

 15日午前0時から18日午後7時までの総降水量は石垣市登野城331.5㍉、盛山357.5㍉、竹富町大原393.5㍉、上原421.5㍉。

 18日午後9時現在、竹富町に大雨土砂警報が発令中。石垣島気象台は、19日明け方まで土砂災害に注意するよう呼び掛けている。

  • タグ: 西表島県道215号線
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム