八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

マラリア悲劇語り継ぐ

忘勿石之碑に献花する故・識名信升氏の孫・信克さんとひ孫・信輝君=15日、南風見田海岸

忘勿石之碑に献花する故・識名信升氏の孫・信克さんとひ孫・信輝君=15日、南風見田海岸

忘勿石之碑慰霊祭
遺族ら参列、犠牲者悼む

 【西表】太平洋戦争末期の1945年に日本軍の命令で波照間島から西表島に強制疎開させられ、マラリアなどで亡くなった犠牲者の冥福を祈る、忘勿石之碑慰霊祭(同碑保存会主催)が「終戦の日」の15日、南風見田海岸にある忘勿石之碑で行われた。疎開当時、同碑の前で子どもたちに授業をした波照間国民学校校長の故・識名信升氏の孫や犠牲者の遺族ら20人余りが参列。戦争マラリアの悲惨な歴史を風化させてはならないと、犠牲者を悼み恒久平和を願った。

 小雨の降る中、正午の時報とともに参列者が黙とうをささげ、次々と献花した。

 保存会の金武正会長代行(70)=登野城=は強制疎開や忘勿石について説明、「強制疎開がなければ島民は元気に暮らすことができた。この悲劇を忘れないためにも、関係者や町役場に相談して保存会を存続させたい」と語った。

 識名氏の孫・信克さん(53)=石垣=は、同碑のすぐ近くの岩に彫られた「忘勿石 ハテルマ シキナ」という文字について「祖母の話だと当時、授業を終えた信升が十字剣で砂岩に文字を彫っていたという。後になって忘勿石の文字だと分かった」といきさつを紹介。

 「子どもたちの未来を思うと平和とは何かを考え、平和を残さなければならない」と述べ、ともに参列した息子の信輝君(7)の肩を抱き寄せた。

 8年ぶりに波照間から参加した元波照間小学校校長の仲底善章さん(65)は「識名先生の思いを想像しながら手を合わせた。波照間島には遺族や関係者が住んでいるが、今回、参列者がいないのは残念。来年以降は島民も連れてきたい」と後世に継承する決意を新たにした。

 南風見田には45年4月から疎開が始まり、波照間の島民1590人が移ったが、わずか4カ月間で児童を含む85人がマラリアなどの犠牲に。識名氏は南風見田海岸で青空教室を開き、疎開の解除を訴え続けた。同年8月に帰島が始まったが、帰島後もマラリアで約450人が犠牲になったという。

 同碑は「忘勿石 ハテルマ シキナ」と砂岩に記された文字を平和を願う遺跡として保存しようと、1992年8月に西表在波照間郷友会が主体となって建立したもの。

  • タグ: 忘勿石之碑慰霊祭
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム