八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

「石垣の魅力を伝えたい」 出発報告会

カウアイ郡に派遣されるのを前に抱負を語った左2人目から髙橋満月さん、藤原倫さん、山内琉大君=14日午後、市役所庁議室

カウアイ郡に派遣されるのを前に抱負を語った左2人目から髙橋満月さん、藤原倫さん、山内琉大君=14日午後、市役所庁議室

姉妹都市のカウアイ郡へ
中学生3人、市長に抱負

 20日から11日間、石垣市の姉妹都市、ハワイ州カウアイ郡に派遣される白保中学校3年の髙橋満月さん(14)、大浜中学校3年の藤原倫さん(同)、山内琉大(りゅうた)君(同)の3人が14日午後、石垣市役所で行われた出発報告会で「石垣の魅力を伝え、カウアイの人たちと交流し、文化を学んできたい」などと抱負を語った。

 3人は5月末に開かれた本年度の市長杯中学生英語スピーチコンテストの入賞者。派遣先ではホームステイをしながら、カウアイ高校やカパア高校で交流するほか、真珠湾などを視察して平和学習を行う計画。

 髙橋さんは「文化や自然など石垣島の魅力を伝え、カウアイ郡の文化や暮らしなどもたくさん学んできたい」、山内君は「島に住んでいると海外など広い世界に目を向けることは少ない。このチャンスを生かして、環境の違う人たちと交流し、自分の視野や価値観を広げられれば」と意欲。

 藤原さんは英語で「日常生活がすべて英語という環境の中で、自分の英語力を試し、高め、しっかりと自分のものにしてきたい。雑誌やテレビでは見られないカウアイの魅力を発見し、石垣の魅力も伝えてきたい」と目標を語り、中山義隆市長らを驚かせた。

 中山市長は「これまで自分で学んできたことを実際に現地で試してもらいたい。石垣市とカウアイの懸け橋になり、両方にとってプラスになるように頑張ってきてほしい」と激励した。

 派遣事業は2004年に始まり、ことしで15年目。これまでに45人が派遣された。

  • タグ: 姉妹都市
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    ページ移動

    キーワード検索フォーム