八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

新星の発見を目指す 美ら星研究体験開始

「美ら星研究体験」に参加する高校生ら。新たな星発見を目指す=13日午後、国立天文台VERA石垣島観測局(石垣島天文台提供)

「美ら星研究体験」に参加する高校生ら。新たな星発見を目指す=13日午後、国立天文台VERA石垣島観測局(石垣島天文台提供)

地元と県外高校生11人

 高校生が電波望遠鏡を使った天体観測やデータ解析などを体験する「美ら星研究体験隊」(同実行委員会主催)が13日、県立石垣少年自然の家で始まった。地元や県内外の高校生11人が15日まで3日間の日程で、国立天文台VER石垣島観測局と石垣島天文台で、最新観測装置を使い新たな星の発見を目指す。

 同プロジェクトは、高校生らに研究を身近に感じてもらおうと2005年から行われており、ことしで13回目。日本学術振興会の「ひらめき☆ときめきサイエンス」事業の一環。

 生徒らは、国立天文台VERA石垣島観測局の電波望遠鏡を使う班と、可視光で観測する石垣島天文台の光学赤外線望遠鏡「むりかぶし」を使う班に分かれて観測を実施。研究員や大学院生の指導の下、生徒が主体となって作戦会議や準備、観測を進め、最終日に成果発表する。新たに星を発見した場合は記者会見を予定している。

 同日午後の開講式で、廣田朋也助教授=国立天文台水沢VLBI観測所=は「研究者の人となりや研究現場などを実際に見てほしい」と参加者を歓迎。研究員らが各天文台施設の詳細などを説明した後、班分けを行い、夜に各施設で観測をスタートした。

 栃木県から参加した熊倉有希さん(16)=國學院大學栃木高校1年=は「観測方法やデータのまとめ方を学びたくて参加した。将来は天文関係に就職したい」と目を輝かせた。

 友人2人を誘って2回目の参加の知花耕太郎君(16)=八重山高校2年=は「地学部だし星が好きなので参加した。現場の研究の仕方などを見たい」と話した。

 同プロジェクトはこれまでの開催で、生徒らは新電波星を七つ、新小惑星を一つ発見している。

  • タグ: 美ら星研究体験隊国立天文台VER石垣島観測局
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム