八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

VERA特別公開 国立天文台

国立天文台水沢VLBI観測所の坂井伸行研究員(手前左)の説明を受けながら特別なコントローラーで巨大な電波望遠鏡を自由に操作する子どもたち=12日午後、VERA石垣島観測局

国立天文台水沢VLBI観測所の坂井伸行研究員(手前左)の説明を受けながら特別なコントローラーで巨大な電波望遠鏡を自由に操作する子どもたち=12日午後、VERA石垣島観測局

銀河系の3次元立体地図を作るVERAプロジェクトで、国内に4基ある中の一つ石垣島の電波望遠鏡=12日午後、VERA石垣島観測局

家族連れ、宇宙の魅力に触れる 
南の島の星まつり関連イベント

 南の島の星まつり2018(同実行委委員会主催)星空観望会を18日に控え、関連イベントとして国立天文台VERA石垣島観測局が12日、一般向けに特別公開された。この日に合わせて主催した国立天文台水沢VLBI観測所(本間希樹所長)は、銀河系内にある電波天体の距離と運動を高精度で計測する「20㍍電波望遠鏡」を動かす体験を初めて行い、多くの家族連れが宇宙や星空の魅力に触れた。

 国内最南端に位置するVERA石垣島観測局は2002年5月に完成。03年から石垣島を含めて国内に4基ある電波望遠鏡で、銀河系の3次元立体地図を作るVERAプロジェクトが進められている。

 イベントでは、ミニ講演会もあり、専門職員が最新の天文学やVERAについて説明。特別なコントローラーで電波望遠鏡を操作するコーナーは多くの子どもたちが巨大な望遠鏡を自由に操作して楽しんだ。パネル展や記念写真シールの作成、ブラックホール模型の展示もあった。

 家族5人で訪れた山里将太君(9)=石垣市平得=は「何度もVERAに来ているけど、電波望遠鏡を初めて操作できてうれしい。謎の多い宇宙が好きで、いろいろ勉強したい」と喜んだ。

 水沢VLBI観測所の坂井伸行研究員は「年1回の公開イベントを通して、われわれやVERAの役割を広く知ってほしい」と期待した。

  • タグ: 南の島の星まつり国立天文台
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム