八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

新八重山病院開院へ着々

新しい医療機器導入に向けて準備が進められている新八重山病院。9月30日に現病院から引っ越しが行われる=7日午後、石垣市真栄里

新しい医療機器導入に向けて準備が進められている新八重山病院。9月30日に現病院から引っ越しが行われる=7日午後、石垣市真栄里

6月28日に完成した建物(県病院事業局提供)=6月末、石垣市真栄里

来月30日、患者ら移動
実行委「万全な態勢を構築」

 新県立八重山病院の10月1日開院まで2カ月を切り、病院側は、円滑な移転を目的にことし4月に立ち上げた「引っ越し実行委員会」(委員長・上原真人麻酔科部長)で準備を進めている。今後2度の予行演習を行い、ルートや交通量などを確認、9月30日(日)に入院患者や医療機器を現病院から新病院に移動させる。システムや設備の確認のため10月1日の外来診療を休診、2日から再開する。移転当日は、提供可能な医療サービスが制限されるため、病院側は郡民に理解と協力を求めている。

 新病院の建物はことし6月28日に完成。現在、新しい医療機器導入に向け準備を進めている。9月16日に関係者を招き、落成記念式典・祝賀会・内覧会を開催。17日は一般向けの内覧会を開き、新病院施設を公開する。

 9月30日は病院職員400人余りのほか八重山地区医師会、かりゆし病院、石垣島徳洲会病院、本島の医療関係者、市民らを加えた総勢600人近いスタッフが引っ越しに当たる。時間は午前8時から午後1時までの5時間を予定。

 最も腐心するのが入院患者の移動。軽症患者には一時退院か外泊をしてもらうが、症状の重い患者約160人を新病院に移送しなければならず、上原委員長によると、当日は救急搬送車両3台と、市内の医療機関から借用する車イス搬送用車両の計30台でピストン搬送する。

 同日は診療に対応できる医師やスタッフ、医療機器が制限されるため、現病院は▽民間病院で対応困難な患者(紹介状持参)▽救急車両搬送患者▽出産—のみを受け付ける。軽症患者らについては八重山地区医師会の協力を受け、会員それぞれの医院で診療してもらう。

 県立宮古病院の移転を経験している上原委員長は「実行委で日々議論を重ねており、万全な態勢を構築したい」と話し、篠﨑裕子院長は「けがや事故など回避できるものは避けてほしい。引っ越しは皆さんの協力がなくてはできない」と呼び掛けている。

  • タグ: 新県立八重山病院
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム