八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

八重高郷芸部 全国3位 信州総文祭

2018年第42回全国高等学校総合文化祭で優良賞(3位)に輝いた八重山高校郷土芸能部のメンバーら=10日午前、長野県伊那文化会館前(父母会提供)

2018年第42回全国高等学校総合文化祭で優良賞(3位)に輝いた八重山高校郷土芸能部のメンバーら=10日午前、長野県伊那文化会館前(父母会提供)

国立逃すも「最高の演技」

 長野県で7日開幕した2018年第42回全国高等学校総合文化祭(2018信州総文祭)の郷土芸能部門に、八重山高校郷土芸能部(花城美海部長、部員42人)が10日、県代表として出演し、演目「今日が日ば黄金日ば~黒島保里村の芸能~」を熱演した結果、優良賞(3位)に輝いた。

 受賞に花城部長は「とてもうれしい気持ちと、あと一歩で国立劇場に行けたという悔しさがあるが、一つの目標に向かって部が一体となり、今までにない最高の演技ができた。後悔はない」と誇らしそう。

 「先輩方から受け継いできた伝統を、次は後輩たちが受け継ぎ、来年の大会で国立劇場上演を勝ち取ってほしい」と希望を託した。

 大会には全国から57団体が出場し、1位は岩手県花巻農業高校、2位は大分県由布高等学校だった。

 齋藤裕嗣審査員は「ことしは大変レベルが高かった。民謡舞踊が多く、どれも完成度が高すぎる。民俗芸能が持ってる土着性をさらに意識してくれるとより良い」と講評した。

 部員らは11日午後7時10分着の便で空路帰島する。

  • タグ: 八重高郷芸部
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム