八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

荻堂さん(白保)最優秀賞 地区婦人の主張

「子どもアンガマ」について発表し最優秀賞に選ばれた荻堂千愛夢さん=5日午後、真栄里公民館

「子どもアンガマ」について発表し最優秀賞に選ばれた荻堂千愛夢さん=5日午後、真栄里公民館

皆が輝く社会の実現を訴え
優秀賞の下地さんと中央大会出場

 郡内の婦人らが地域の課題などについて意見を発表する第9回八重山地区婦人の主張大会(八重山三市町婦人連合会主催)が5日午後、真栄里公民館で開かれ、石垣市から4人、竹富町から1人が発表し、荻堂千愛夢(ちゃあむ)さん(40)=白保=が最優秀賞、下地幸子さん(62)=真栄里=が優秀賞(2位)に選ばれた。2人は9月19日、那覇市の琉球新報ホールで開かれる第51回同中央大会(沖縄県婦人連合会など主催)に八重山代表として出場する。与那国町は豊年祭と日程が重なったため不参加だった。

 荻堂さんは「地域で子どもたちみんなと輝く」と題して発表。性別や血縁を問わず子どもたちが活躍できる場として、昨年白保で結成した「子どもアンガマ」について「小さな村の小さな試みだが、みんなが輝ける社会の実現につながる」と述べ、地域の取り組みの可能性を提示した。最優秀賞を受け「中央大会でも白保、八重山の代表として、表現力をつけて発表したい」と意気込んだ。

 下地さんは、約30年間の産婦人科勤めの経験を交えながら、八重山で10代の望まない妊娠が多いことについて警鐘を鳴らし、命の尊さや正しい性知識を伝えることの大切さを訴えた。

 優秀賞(3位)の宮国多恵子さん(55)=宮良=の主張は、原稿発表として中央大会の冊子に収録される。このほか、片桐明子さん(55)=干立=、平良順子さん(60)=大川=の2人が優良賞に選ばれた。

 開会式で石垣市婦人連合会の宮良和美会長は「皆で新しい考えを聞き、明日へと一歩を踏み出す力としましょう」とあいさつした。

  • タグ: 地区婦人の主張
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム