八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

ハンモックに揺られながら、あるいはリクライニングチェアに…

 ハンモックに揺られながら、あるいはリクライニングチェアに寝そべりながら、三線の音色を聴く。心地よい風が抜けていく。癒やしの空間。満天の星が見えなくても十分に満足した▼先月14日、久宇良の「流れ星の丘」で流れ星の丘実行委員会(新垣信成委員長)が市街地に住む親子連れらを招待して行った星空ツアーに、家族3人で参加させてもらった▼約1時間のツアー。当日はあいにく曇りがちだったが、星が見えると、ガイドがレーザービームを使って解説。隠れると、唄者が三線を奏でてくれた。北極星やすばるなどが出てくる「てぃんさぐぬ花」、対岸にある野底マーペーにまつわる「つぃんだら節」、登野城に伝わる子守歌「あがろうざ」など数曲▼「夜はらす舟や にぬふぁぶしみあてぃ」「とぅばらまとぅ我んとぅやヨー 童からぬ遊びとーら」「あがろうざぬ んなかにヨー」。一節あるいは出だしの歌詞。てぃんさぐぬ花以外は、歌詞すべてを知らないし、意味の理解も十分ではない▼でも、参加者も「つぃんだら節」に心揺さぶられ、「あがろうざ」に心和んだことだろう。歌詞の意味を知ればなおさら。曇天でも工夫次第ではもっと充実する▼星空という自然と八重山民謡という文化の組み合わせ。これはすごいぞ。(比嘉盛友)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム