八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

小学算数Aで全国平均超 全国学力テスト

市教委の臨時校長研修会で、2018年度全国学力・学習状況調査の結果について説明を受ける校長たち=1日午前、大浜信泉記念館

市教委の臨時校長研修会で、2018年度全国学力・学習状況調査の結果について説明を受ける校長たち=1日午前、大浜信泉記念館

市の結果、臨時校長研で公表
小4教科、中学全教科 全国・県平均に及ばず

 石垣市教育委員会(石垣安志教育長)は1日午前、大浜信泉記念館で開いた臨時校長研修会で文部科学省が4月17日に小学6年生と中学3年生を対象に行った全国学力・学習状況調査(全国学力テスト)の石垣市の結果を公表した。それによると、小学校算数Aの平均正答率は64%で、全国平均を0・5ポイント上回ったが、それ以外の4科目と、中学校の全科目で全国・県平均に及ばなかった。中学校理科の正答率30%未満の生徒は、前回実施された15年度の37%(183人)に対して10%(43人)となっており、改善が見られた。

 市教委学校教育課の宮良健指導主事によると、小中いずれも全体的に正答率が低下しており、学習意欲や勉強時間などを問う児童・生徒質問紙の肯定(積極)的な回答率も低かった。

 改善策として市教委は▽全校体制でのPDCAサイクルの確立▽子どもたちが安心して学習できる環境と学びに向かう集団づくり▽「主体的・対話的で深い学び」を意識した授業改善—など五つの視点で検証する「『一人一人の学力を伸ばす5つのポイント』の見える化検証シート」を作成、全校に活用を促した。

 また、授業の中で各種調査問題の形式に慣れさせ、補習指導や家庭学習などと連動させることや、課題のある教科と学級では複数の教師が協力して授業を行うチームティーチング(TT)を行うよう求めた。

 宮良指導主事は「2学期からの取り組みが大きなカギとなる。各学校の実態に応じた改善策の取り組みの徹底を、同一歩調で行ってほしい」と呼び掛けた。

2018年度全国学力・学習状況調査結果

※pdfファイルが別ウィンドウで開きます。

  • タグ: 臨時校長研修会全国学力テスト
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム