八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

8月1日は「観光の日」。郡内の空、離島航路の玄関口では…

 8月1日は「観光の日」。郡内の空、離島航路の玄関口では、3市町の観光協会関係者らが、パイナップルや黒糖、クバの葉餅など、各地の特産品を来島した観光客らに提供し、島をPRした▼昨年、石垣市の観光は入域観光客が過去最高の138万6000人、観光消費額は850億円余と絶好調。ことしも5月末時点、入域で前年比約3万6000人(6・9%)、消費で25億円(7・5%)増と、好調そのものだ▼夏休みに入り、8月は夏場観光のトップシーズン。ことしは格安航空会社のバニラエアの成田、那覇路線への就航で、例年以上に若年層の観光入域が期待できる▼さらに都会が40度近い猛暑に苦しむ中、温度が34、5度までしか上がらない八重山は、これまでの冬場の「避寒観光地」から夏場の「避暑地」として、人気が高まるやもしれない▼好調な観光のあおりを受け少々困るのが地元の人々の航空機利用。曜日や時間によっては空席が少なく、急な利用では便が選べない場合が。筆者も平日なのに那覇便が混みあい、航空チケットの確保に四苦八苦した経験も▼右肩上がりの観光入域がどこまで伸びるのか、どこで頭打ちになるのか、現状では見通しがつかない。いつの日か「乗りたいときに乗れない飛行機」とならない事を祈るばかりだ。(下野宏一)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム