八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

盛大に四カ字ムラプール アヒャー綱に沸く

棒貫人(ブルピトゥ)の仲大範子さんが雌雄の綱に棒を差し込んだあと、ガーリィで祝福する婦人ら=7月31日夕、真乙姥御嶽前

棒貫人(ブルピトゥ)の仲大範子さんが雌雄の綱に棒を差し込んだあと、ガーリィで祝福する婦人ら=7月31日夕、真乙姥御嶽前

勇壮なツナヌミンも披露
大綱切れるハプニングも

 一年の豊作に感謝し来夏世(クナツユ)の地域繁栄や世果報(ユガフー)を祈願する四カ字(新川、登野城、石垣、大川)の豊年祭(ムラプール)が7月31日午後、石垣市新川の真乙姥御嶽で盛大に行われた。奉納衣装に身を包んだ字民や各地域の旗頭が一堂に会し、炎天下、巻き踊りや太鼓などで祭りをもり立てた。新川字会(入嵩西純会長)の「五穀の種子授けの儀」や、女性だけで行う「アヒャー綱」、勇壮なツナヌミンなども行われ、多くの地域住民や観光客が郡内最大規模の豊年祭を堪能した。

 午後3時半、各地域の旗頭が集合してからムラプールが開始。入嵩西会長は「サトウキビも豊作、肉用牛も高値が続き、ことしはまさに弥勒世(ミルクユ)の年だった。来夏世も神々のご加護のもと、天恵豊かな年となるように」と願いをささげた。

 新川字会が最初に奉納、五穀の植え付けから収穫までを踊りで表現。字会役員らが長老(ウヤジュウ)や世持(ユームツ)、婦人らが水主(ミズヌス)や鼓(ツヅン)、子どもたちが稲摺(イニスリ)、青年らが鎌払(ガギバライ)などをそれぞれ演じた。

 双葉自治公民館、大川字会、石垣字会、登野城字会、JAおきなわ八重山地区本部、石垣島製糖㈱、石垣市役所、八重山農林高校、石垣中学校、東京八重山会が次々と奉納した。

 御嶽前の通りで行われた「五穀の種子授けの儀」では、東から農の神、西からみこが、地域住民らに担がれて登場。農の神がみこへ五穀の種子を授けた。

 女性だけで行う「アヒャー綱」では、棒貫人(ブルピトゥ)と呼ばれる女性が神司から「ブル棒」を授かり、雌雄の大綱に差し込むと、各字の女性らが乱舞し、祝福した。

 棒貫人を務めた仲大範子さん(64)=新川=は「長い歴史ある行事の大役をおおせつかり、誇りに思う。長く見てきた地域の伝統だが、実際にやってみて棒の重みを感じた」と感極まった様子で話した。

 祭りの最後は、旗頭と大綱が真乙姥御嶽の西約100㍍の場所に移動。なぎなた、鎌を持った2人の武者が戦う勇壮なツナヌミンで盛り上がった。最後の綱引きは開始早々に綱が切れ、引き分けとなった。

  • タグ: 豊年祭
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム