八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

「ゆっくり安全運転を」 八重山署ら交安活動

道路交通方法一斉変更40周年を記念し、730記念碑前で安全運転を呼び掛ける与那嶺一文署長(中央)ら=30日午後、730交差点

道路交通方法一斉変更40周年を記念し、730記念碑前で安全運転を呼び掛ける与那嶺一文署長(中央)ら=30日午後、730交差点

730から40周年迎え

 本土復帰6年後の1978年7月30日の道路交通方法一斉変更から40周年を迎えた30日、石垣市交通安全推進協議会(会長・中山義隆市長)や八重山署(与那嶺一文署長)など関係団体が730交差点で交通安全活動を実施し、観光客やドライバーに「ゆっくり安全運転を」とPRした。

 20人が参加、約30分にわたって通行人らにチラシやポケットティッシュを配布した。

 与那嶺署長は「40年前、事故はあまり起きなかったと聞いている。ルールを守り譲り合いの運転をすれば、事故は起こらないことが証明されている。ゆっくり安全に運転してほしい」と強調。

 協議会も「歴史的な大事業にもかかわらず、大きな事故もなく交通変更方法が成し遂げられた。私たちは。このような先輩たちの偉業を見習い、交通安全を推進していく。交通安全への協力を」と拡声器で呼び掛けた。

  • タグ: 石垣市交通安全推進協議会八重山署交通安全活動
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム