八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

入院患者らに旗頭披露 八病院で大川の保存会

二十数年ぶりに八重山病院で披露された大川の旗頭。来院者や入院患者も大喜びだった=30日午前

二十数年ぶりに八重山病院で披露された大川の旗頭。来院者や入院患者も大喜びだった=30日午前

移転のため二十数年ぶり

 大川旗頭棒獅子保存会(新盛安幸会長)は30日午前、地域内にある県立八重山病院(篠﨑裕子院長)で二十数年ぶりに旗頭を披露した。来院者の増加に伴う混雑などを理由に途絶えていたが、10月に真栄里の旧空港跡地に移転するため、「引っ越しの見送りを兼ね、入院患者の回復を願いたい」(新盛会長)と復活させた。 

 保存会の新盛会長ら会員が病院正面入り口で松竹梅と、サガリバナをデザインしたズルカキ、子ども旗頭会(新城眞那佐会長)が松竹梅を上下に揺らし、「サーサーサー」の威勢のよい掛け声を響かせた。通院者や入院患者らはカメラに収めるなどして大喜び。

 入院中の下地芳政さん(77)は車イスで、孫の新城眞那佐(まなさ)君(登野城小5年、11)の雄姿に目を細めた。保存会の配慮で、すぐ近くで新城君が大人に混じって持ち上げると、下地さんらは手をたたいてエールを送った。

 下地さんは「孫の旗頭を見ることができてうれしい、感謝している。元気が出た」と目を潤ませ大喜び、新城君は「喜んでいたのでうれしかった」と話した。

 篠崎院長は「大川の地から去ることになり、心残りはあるが、旗頭で最後を飾ることができてよかった。これからも地域に貢献できる病院にしていきたい」と感謝し、決意を新たにしていた。

  • タグ: 大川旗頭棒獅子保存会八重山病院
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム