八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

子どもたち主体に恒例作業

 ▽…730記念碑のペンキ塗り直しが28日、行われた。記念碑のデザインを考案した宮良永重さんと孫らが草刈りをし、文字やロゴの色を新しくした。プロではなく、子どもたちが主体となって行ったため、ペンキが垂れたり、ペンキが混ざったりするところもあったが、これもご愛嬌(あいきょう)。今後も観光客や住民に親しまれることだろう。

 ▽…四カ字のムラプールに向け、真乙姥嶽で28日、5町内会がツナカキを行った。3束のワラを3人でかいて綱にしていく作業。体力勝負という。若い人の力が必要という翁長致玄会長は今後、後継者育成に力を入れていく考え。この日は、太鼓隊を担う石垣中学校の生徒らも手伝った。伝統行事に携わった経験は今後に生きる。ぜひ将来の後継者に。

 ▽…肝臓病公開講座では、県内の肝臓病の特徴やウイルス性肝炎などを説明。飲酒に関連した肝疾患については、肝硬変になった若い患者が多くて死亡率が高いことや、手遅れの状態で病院を受診するケースも多いという。飲酒の機会の多い夏。人ごとではない。しっかりと自分の体を知り、節度ある適度な飲酒を心がけたい。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム