八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

吉川・前原組(八重高1年)がインターハイ出場 ソフトテニス

ソフトテニスでインターハイに出場する吉川小百合と(八重山高校1年)前原ひなの(同)=16日午後、石垣市中央運動公園屋内練習場

ソフトテニスでインターハイに出場する吉川小百合と(八重山高校1年)前原ひなの(同)=16日午後、石垣市中央運動公園屋内練習場

吉川「チャレンジャーとして」
前原「攻めの姿勢で」
30日に三重県で開幕

 30日に三重交通Gスポーツの杜鈴鹿庭球場で開幕する2018年度全国高校総合体育大会ソフトテニス競技大会(全国高校体育連盟など主催)女子個人戦に、八重山高校の吉川小百合(1年)・前原ひなの(同)ペアが初出場する。1年でインターハイ出場を果たし活躍が期待される。

 吉川は川平中、前原は読谷中出身。吉川は中学時代から県代表に選ばれるなど活躍。前原は吉川ら八重山勢の活躍を目にし、より向上できる環境を求めて、沖縄本島から八重高へ進学を決めた。

 「ここで練習して早速、自分の課題がたくさん見つかった」という前原。環境を変えてわずかな間にも、その効果を実感している。

 5月の県大会で3位となり、1年でインターハイ出場を決めた。県大会では、準決勝で名護の石橋梨奈・金城佳奈ペアに接戦の末、3—4と惜敗。石橋らは決勝で敗れ準優勝となったが、吉川らは優勝した那覇西の嵩原咲輝・知念伽奈ペアを、決勝トーナメント前の予選ブロックリーグで4—2で下している。

 「優勝したかった」と、インターハイ出場にも悔しさをにじませる吉川。インターハイでは1回戦で山形のペアと対戦。勝てば2回戦では大阪の強豪ペアと当たる。目標はまず「初戦突破」だ。

 吉川は「1年なのでインターハイの雰囲気を楽しみながら、チャレンジャーとして戦いたい」、前原は「緊張しないよう声を出し、攻めの姿勢でいきたい」と意気込みを語った。

  • タグ: ソフトテニス総合体育大会
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム