八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

今月30日は1978年に沖縄の交通方法が…

 今月30日は1978年に沖縄の交通方法が「車は右から左」に変更になった通称730(ナナサンマル)だ。1972年の本土復帰でドルから円への切り替え同様「アメリカ世(ユー)から大和世(ヤマトユー)」に「世替わり」の象徴だ▼石垣市では港と中心市街地を結ぶ要衝が「730交差点」と命名され、一角に記念碑も建立された。あれから40年。今では同交差点は八重山の街の変化、世替わりを映す“鏡”になった▼初めて同交差点で大きな変化を感じたのは15年ほど前。NHK「ちゅらさん」の“沖縄ブーム”で観光客と移住者が急増。通りは約80万人の観光客とレンタカーであふれ、経済は乱開発に危機感を抱く一方、大きく活気づいた▼ところが2008年のリーマンショックで観光客は60万人台に激減。不安を広げた▼それが2013年の新空港開港を機に再び増加に転じ、140万人目前まで激増。同交差点は従来の本土観光客に新たにクルーズ船で訪れる外国人観光客が加わり空前のにぎわいだ▼そういう南国の楽園に、あろうことか自衛隊という“黒船”がやって来て新たな「世替わり」が始まる。しかしそれは場合によって島の人々を戦争の恐怖、悲劇に陥れるものだ。そんな恐ろしい「世替わり」を良識ある市民は決して望まないだろう。(上地義男)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

ページ移動

キーワード検索フォーム