八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

ヒアリの侵入防げ

アリを誘引するトラップを設置してヒアリの目視調査を行う県環境科学センターの職員=25日午前、石垣港

アリを誘引するトラップを設置してヒアリの目視調査を行う県環境科学センターの職員=25日午前、石垣港

環境省、石垣港で調査

 環境省は強毒性の外来種「ヒアリ」の侵入を食い止めるため25日午前、石垣港で本年度1回目の確認調査を始めた。早朝から調査の業務委託を受けた県環境科学センターの職員が石垣港内のコンテナ集積箇所を中心にアリを誘引するトラップ100個を設置。この日は時間経過による目視調査を行ったが、ヒアリの侵入はなかった。アリが入ったトラップを持ち帰って顕微鏡で細かな調査も行う。

 環境省によると、ヒアリの国内侵入は昨年6月に兵庫県尼崎市で初めて確認。これまでの侵入状況は12都道府県で31事例。県内での侵入は確認されていないが、同省はヒアリが定着している中国や台湾と定期コンテナ航路を持つ国内68港湾で継続した侵入状況の確認調査を行う。

 石垣港では本年度2回の確認調査を行う予定で、県環境科学センターの担当職員は「隣の台湾ではヒアリは定着しており、距離が近くコンテナ航路にある石垣でも注意を払う必要がある。水際防止に努めたい」と話した。

  • タグ: ヒアリ
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム