八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

与那国馬が静岡県三島市へ

子どもたちの体験乗馬に貢献する与那国馬。異郷の地で人気を集めている=22日、静岡県三島市立公園楽寿園(与那国町提供)

子どもたちの体験乗馬に貢献する与那国馬。異郷の地で人気を集めている=22日、静岡県三島市立公園楽寿園(与那国町提供)

17年ぶり県外に渡る
両市町の懸け橋に

 【静岡】日本最西端の与那国島から「与那国馬」が、富士山を背に緑豊かな自然があふれる三島市に渡った。同市が市立公園楽寿園(高橋英朋園長)の目玉としてことし3月、寄付金で与那国馬保存会(大嵩長史会長)から与那国馬の雄雌2頭を購入したもの。22日にはお披露目式が行われ、一躍人気を集めた。与那国馬が県外に渡るのは2001年4月に茨城県大洋村(現鉾田市)に寄贈されて以来。故郷から約1900㌔離れて暮らす在来馬が、両市町を結ぶ新たな交流の懸け橋となりそうだ。

 三島市は、市営公園で飼育され乗馬体験で来場者から人気を集めていたポニー2頭が高齢を迎えたことから、新たな施設の目玉として与那国馬に注目。与那国馬保存会と交渉を重ね、輸送も含めて雄雌2頭を約120万円で購入、3月26日に迎え入れた。

 2頭は、飼育担当職員が、フィンランド語で太陽、海をそれぞれ意味する「アウリ」(3歳1カ月)、「メリ」(2歳4カ月)と命名。園内では主に放牧場で過ごし、島と違う環境でも、のんびり過ごしているという。

 お披露目式には豊岡武士三島市長や市議会議員、与那国町から崎元俊男町観光協会会長と町職員が出席し、2頭による初の乗馬体験を見守った。会場では与那国町の特産品を紹介するブースも設置された。

 与那国馬は日本に8種ある在来馬の1種。1969年に町の天然記念物に指定された。町によると、島内には約130頭が放牧されている。

 楽寿園の大川友理恵さんは「2頭がきっかけとなって与那国町と三島市の交流が生まれてほしい。つがいなので、子どもが生まれた際には盛大に祝いたい」と喜んだ。

 崎元会長は「来園者が与那国馬を知り、生まれ故郷の与那国島に多くの観光客が来てほしい。これを契機に両市町の交流が活発になってほしい」と期待した。

  • タグ: 与那国馬
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム