八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

久保、島野が銀メダル 第1回アジアマスターズ水泳選手権大会

第1回アジアマスターズ水泳選手権大会で石垣から2人そろって銀メダルを獲得した久保栄克(右)と島野陽子=愛知県、日本ガイシアリーナ(ヒデフィットネス提供)

第1回アジアマスターズ水泳選手権大会で石垣から2人そろって銀メダルを獲得した久保栄克(右)と島野陽子=愛知県、日本ガイシアリーナ(ヒデフィットネス提供)

100㍍バタフライで久保栄克
200㍍自由形で島野陽子

 第1回アジアマスターズ水泳選手権大会(日本マスターズ水泳協会など主催)が12~16日、愛知県の日本ガイシアリーナで開催され、45~49歳100㍍バタフライで久保栄克(ヒデフィットネス)が1分06秒07で2位、35~39歳200㍍自由形で島野陽子(泳愛倶楽部)が2分37秒13で2位となり、石垣市から出場した2人がそろって銀メダルに輝いた。

 大会には12カ国から5458人がエントリーし、国内大会では最大規模となった。2人は昨年から今大会に照準を合わせ、普段の練習量を増やしたり集中力を高めてトレーニングを積んできた。その成果に安堵(あんど)し、「来年度の日本マスターズ水泳選手権での優勝を目指しトレーニングに励みたい」と喜びを語った。

 結果は次の通り。

 ▽45~49歳100㍍バタフライ=②久保栄克(ヒデフィットネス)1分06秒07

 ▽35~39歳200㍍自由形=②島野陽子(泳愛倶楽部)2分37秒13

  • タグ: アジアマスターズ水泳
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム