八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

立候補予定者10人が参加 竹富町議選

竹富町議会議員選挙の立候補予定者に対して説明会が開かれた=20日午後、町役場2階大ホール

竹富町議会議員選挙の立候補予定者に対して説明会が開かれた=20日午後、町役場2階大ホール

13人前後が出馬の見通し

 任期満了に伴い、9月4日告示、9日投票、10日開票される竹富町議会議員選挙(定数12)に向け、町選挙管理委員会(内盛正聖委員長)は20日午後、竹富町役場2階大ホールで立候補予定者説明会を開いた。代理人を含め立候補予定者の現職4人、新人6人の計10人が参加。立候補届け出や選挙活動について説明を受けた。

 この中で、これまで態度を明確にしていなかった現職の山盛力氏(66)=西表豊原=は出馬を決めて参加。新人で農業の浦仲浩一氏(59)=波照間=も出馬の意向を固めた。

 以前から那根操氏(66)=西表祖納=の後継者として囁かれていた山下義雄氏(40)=西表干立=も参加。山下氏は取材に対して出馬への意欲は見せるも「検討中」としている。今後、那根氏との調整の中で最終判断を下すものとみられる。参加した残りの新人は「調整中」、「検討中」としている。

 町議選には、参加した10人以外で現職3人が立候補を予定。現段階で立候補予定者は13人前後の見通し。

 説明会では、町選管が立候補に必要な書類手続きや届け出方法、八重山署は選挙カーの申請、八重山郵便局は選挙はがきについてそれぞれ説明した。

 内盛委員長は「告示まで2カ月を切っている。早めの対応を取り、悔いのない選挙戦を展開してもらいたい」とあいさつした。

  • タグ: 竹富町議会議員選挙
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム