八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

白保、悲願の初優勝 郡民バレー

初優勝を飾った白保女子=15日午後、石垣市総合体育館メインアリーナ

初優勝を飾った白保女子=15日午後、石垣市総合体育館メインアリーナ

6年ぶり4度目の優勝を果たした竹富男子=15日午後、石垣市総合体育館メインアリーナ

2連覇を果たした登野城の選手たち(八重山バスケットボール協会提供)=15日午後、八重山商工高校体育館

男子は竹富が6年ぶりV

 2018年度八重山郡民体育大会(八重山郡体育協会主催)のバレーボール競技(八重山バレーボール協会主管)が15日、市総合体育館メインアリーナで開催された。女子は白保が悲願の初優勝を飾り、男子は竹富が6年ぶり4度目のV。

 男子8チーム、女子5チームが出場。地域の誇りをかけ激闘を展開した。

 女子は、ともに2勝で並んだ白保と宮良が優勝決定戦。応援団の声援を背にうけて気迫あふれるプレーを展開、白保がセットカウント2-0で勝利した。

 仲里真子主将(28)は「第1試合目でセッターがけがをして、フォーメーションを変更するアクシデントに見舞われたが、つなぐバレーで勝利できた。打ち上げで優勝の美酒を味わいたい」と喜んだ。

 男子の竹富は、平得との決勝。エースのけがで、セッターの松田幸弘(40)がアタッカーとして大車輪の活躍、最終セットをデュースに持ち込み、12年度の2連覇を達成して以来の栄冠に導いた。

 松田は「相手は高さがあるので、ブロックアウト狙いでスパイクを打った。竹富はレシーブやアタックの役割分担が明確。何よりもバレーを楽しむことを心掛けた結果が、優勝につながった」と話した。

 

 ■登野城が与那国下し連覇 郡民バスケ

  殊勲賞に多良間勝也(登野城)  

 2018年度八重山郡民体育大会(八重山郡体育協会主催)のバスケットボール競技(八重山バスケットボール協会主管)が15日、八重山商工高校体育館で開催され、決勝戦で登野城が与那国を98-63で下して2連覇を飾った。殊勲賞に多良間勝也(登野城)、敢闘賞に大久保真澄(与那国)、応援賞に宮良公民館が選ばれた。

 7チームが参加し、男女混合チームも出場した。予選リーグを2戦全勝で勝ち上がった登野城は、決勝でも主導権を握り勝利した。

 2連覇に多良間大力(だいち)主将(30)は、若手が走ってボールをつなぎ、大会特別ルールで得点が加点される女子と男子40歳以上の得点力を要因に挙げ、「各年代がかみ合い、優勝できてうれしい」と話した。

  • タグ: 郡民体育大会バレーボールバスケットボール
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム