八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

JA生産部会 初のマンゴーフェア

買い物客にマンゴーをPRするマンゴー生産部会の友利和博部会長(右から3人目)=14日午前、ファーマーズマーケットゆらてぃく市場

買い物客にマンゴーをPRするマンゴー生産部会の友利和博部会長(右から3人目)=14日午前、ファーマーズマーケットゆらてぃく市場

出荷量8㌧の倍増計画 ゆらてぃくで16日まで

 JAおきなわ八重山地区営農振興センターマンゴー生産部会(友利和博部会長、15人)は14日、ファーマーズマーケットゆらてぃく市場でマンゴーフェアを始めた。15日の「マンゴーの日」をはさんで16日まで。発足5年目。昨年までは磯辺集荷場で共同選別品の出荷式のみを行ってきたが、生産体制が強化され、出荷量が前年の4㌧から8㌧に倍増する見通しとなっていることから、ことし初めてフェアの開催が可能となった。

 JAは、2013年度から15年度にかけ、国の特定地域経営支援対策事業を導入し、台風に強い強化型ハウスを245㌶で整備した。部会は14年5月に6人で発足。15年から収穫を開始、前期から本格的な収穫を行っている。

 今期は6月20日から収穫が始まり、去る10日に襲来した台風8号の影響が懸念されたが、部会によると、二重ネットで対応したため、被害はほとんどないという。

 フェアのセレモニーで友利部会長は「南国、石垣島の太陽をさんさんと浴び、甘くて濃厚な完熟マンゴーができた。部会は技術向上に努めており、部会員全員がエコファーマーの認定者。有機堆肥を使った土づくり、減農薬と減化学肥料に取り組んでおり、安心安全なマンゴーを提供できる」と自信をのぞかせた。

 石垣信治センター長も「現在は生産者も増えて増産が進み、島の特産物として定着している。来週には収穫のピークを迎える見込み。今期は、開花時の低温期間が長かったため、収穫量は減る予想だが、栽培管理を徹底した生産者の努力で品質は良く、おいしく育っている」とPRした。

 フェアでは試食も実施、観光客らは「甘い」と目を丸くし、部会員のアドバイスを受けながら品定めしていた。

 観光で訪れた西山知里さん(27)=大阪市=は「大阪で売られているマンゴーを食べたが、固くて酸っぱいイメージだった。石垣島のマンゴーは甘くてみずみずしい。きょう帰るのでお土産にしたい」と満足そう。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム