八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

入選作品50点以上を展示 八重山平和祈念館

開会セレモニー終了後、展示会場で入選作品を鑑賞する児童や保護者ら=13日午前、八重山平和祈念館

開会セレモニー終了後、展示会場で入選作品を鑑賞する児童や保護者ら=13日午前、八重山平和祈念館

22日まで平和メッセージ展

 2018年度第28回児童・生徒の平和メッセージ展(沖縄県主催・県教育委員会共催)が13日、八重山平和祈念館で始まった。22日まで。入場無料。

 本年度は県内の小・中・高校から図画、詩、作文の各部門に計2447点の応募があり、225点が入選。八重山地区からは25点が入選した。

 同展は県内外の5カ所を巡回して行われ、八重山平和祈念館では、八重山地区の全入選作と県内の上位入選作など約50点以上が展示されている。

 13日は、入選児童・生徒らが参加して開会セレモニーが行われ、詩部門で最優秀賞に輝いた半嶺奏和さん(宮良小1年)、増田ひまりさん(真喜良小4年)が、それぞれ「てをつなごう」、「平和の光」を朗読した。

 図画部門で優秀賞に輝いた天久小春道さん(白保小3年)、田中真心さん(川平中2年)が、原田直美同館館長、宮良永秀県八重山教育事務所所長、漢那政弘石垣副市長らとともにテープカットを行った。

 「石垣島の平和」をテーマに、オオゴマダラやウミガメなど、大好きな島の自然の生き物を描き込んだ図画で優良賞に輝いた喜納かなんさん(平真小6年)は「他の展示作品もきれいだった。最優秀賞を目指して来年も応募したい」と意欲を語った。

地図
  • タグ: 八重山平和祈念館
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム