八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

石垣から世界平和発信へ「ピースベルアイランド・イシガキ2018」

世界平和の鐘設置30周年記念事業「ピースベルアイランド・イシガキ2018」の開催などを決めた実行委員会=12日午前、市民会館中ホール

世界平和の鐘設置30周年記念事業「ピースベルアイランド・イシガキ2018」の開催などを決めた実行委員会=12日午前、市民会館中ホール

平和の鐘設置30周年記念事業 
12月9、10日に開催 設置国や自治体など招聘

 世界平和の鐘が設置されてことし30周年の節目を迎える石垣市は12月9、10日の2日間、市内で、平和の鐘を設置している国や自治体などを招聘(しょうへい)した鐘打式や関連行事などの記念事業「ピースベルアイランド・イシガキ2018」を開催する。12日午前、石垣市民会館中ホールで開かれた第1回実行委員会(会長・中山義隆市長、委員65人)で承認された。記念事業の開催は、東南アジア諸国と日本の友好の懸け橋としての役割を果たし、市から平和を発信するのが目的。

 招聘は平和の鐘設置国や国内設置自治体、核拡散防止条約(NPT)加盟核保有国、近隣諸国・地域など外国22カ国、地域2カ所、国内4カ所を予定。11月まで計4回の実行委を開き、開催要領やプログラム、招待者の最終確認、予算などについて検討していく。

 実行委員は市や関係機関の職員など65人で構成。この日は約60人が出席した。

 中山会長は「世界平和の鐘を設置している場所の特性を生かしながら、世界に向けて平和を発信していきたい。次の世代に思いをつなぐいい機会にもなる。世界中の駐日大使に石垣島の良さ、心の温かさを伝えていきたい」とあいさつした。

 世界平和の鐘は、第2次世界大戦後の1954(昭和29)年に、元宇和島市長の中川千代治氏が戦争の悲惨さや平和の尊さを説き、当時の国連加盟国98カ国が協力して提供したコインやメダルなどで製造、ニューヨークの国連本部に寄贈された。日本では第1号が最北端の稚内市、第2号が88(昭和63)年に最南端の石垣市に設置された。

  • タグ: 平和の鐘
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム