八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

保存物件、現代技術で雨漏り修復へ 竹富島伝建地区

竹富島の保存物件に対し協議した2018年度第1回竹富町伝統的建造物群保存地区等保存審議会=12日午後、竹富町教育委員会

竹富島の保存物件に対し協議した2018年度第1回竹富町伝統的建造物群保存地区等保存審議会=12日午後、竹富町教育委員会

19年まで期限付き対策
工法の復元や研究進める

 竹富島伝統的建造物群保存地区(伝建地区)に現存する保存物件の雨漏り対策として、赤瓦屋根と天井部分の間に杉板張りでのルーフィング施工が2019年度末までの期限付きで可能となる。12日午後、町教育委員会で開かれた18年度第1回同地区等保存審議会の中で認められた。竹富公民館によると、同物件の修復にかかる施工精度の低下や使用素材の変化に伴い、多くの家屋で雨漏りが発生し住民生活に支障を来している。暫定的な措置に加え、工法の復元や研究を進めることも確認した。

 保存物件は現在、竹富島伝統工法で野地竹、土、赤瓦の順で屋根部分を造っている。近年、屋根の修復工事後に雨漏りする家屋が出ており、公民館は対策としてルーフィング赤瓦ぶきを検討していた。今回、天井部分に防水材料のアスファルトルーフィングと杉板を使用した施工方法が承認された。雨漏りの保存物件に対して、竹富町歴史的景観形成地区保存計画(伝建マニュアル)を見直す19年度末までの措置。

 参加した委員からは、暫定的な対応としての意見が出る一方で、伝統工法の継承を心配する声も。

 旧与那国家住宅の修復を例に挙げ、北海道大学教授の西山徳明氏は「きちんとやればできることが示されている。コスト面もあるが、この技術を確立し残さなければならない」と意見した。

 事務局は今後、竹教委定例会で報告し承認を目指す。

 同審議会を前に、次の委員に委嘱状が交付された。任期は2年間。

 ▽会長=池田孝之▽副会長=備瀬ヒロ子▽委員=西山徳明、平良啓、上勢頭篤、水野景敬、新田長男、石垣金星、大盛聰

  • タグ: 竹富島伝建地区
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム