八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

要員確保システム確立を 竹富診療所

西大舛髙旬町長に医療スタッフ確保システムの構築などを要請する竹富診療所を支援する会の島仲彌喜代表(奥右)と石橋興介医師(同中央)=12日午後、竹富町長室

西大舛髙旬町長に医療スタッフ確保システムの構築などを要請する竹富診療所を支援する会の島仲彌喜代表(奥右)と石橋興介医師(同中央)=12日午後、竹富町長室

継続的な地域医療で要請

 竹富島の継続的な地域医療を確立するため、竹富診療所を支援する会(島仲彌喜代表)や同診療所所長の石橋興介医師らが12日午後、西大舛髙旬町長や竹富町議会(新博文議長)に▽町主導の診療所医療スタッフ確保システムの確立(再要請)▽歴代スタッフ同士のつながりの構築—などを要請した。

 要請は同日午後、町役場内の町長室で行われ、島仲代表と石橋医師がそれぞれ、要請文を西大舛町長に手渡した。島仲代表は「町長のリーダーシップのもと、地域住民との信頼関係をベースに医療スタッフが定着する安全、安心の医療環境の構築を」と訴えた。同会は2017年5月9日にも同じ要請を行っており、島仲代表は速やかな文書回答を求めた。

 石橋医師は歴代スタッフ同士のつながりについて「円滑な情報共有、業務の引き継ぎ、代診などが可能になる」と必要性を強調。今後の医療スタッフ探しについて「公民館や支援する会が関与した形で探すことが、スタッフ定着のためにも望ましい」としたほか▽厚生労働省主催の「保健医療2035」策定懇談会への加入▽大学との連携—などを提言した

 西大舛町長は「検討していきたい」とし、健康づくり課の宮里良貴課長は「島民が望む形と町の考える経営の合致した形を模索していきたい」と答えた。

  • タグ: 竹富診療所
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム