八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

被災地支援、できることから

 ▽…石垣市は12日、平成30年7月豪雨災害の被災地支援として募金箱を設置した。警察庁は同日に豪雨による死者は200人に上ったと発表、四国・中国地方を中心に甚大な被害が出ている災害の全容はまだ判明していない。「災害はひとごとではない」と支援協力を求めた中山義隆市長。被災地との距離にとらわれず、ここからできる支援をまずは始めていきたい。

 ▽…石垣市教育委員会が発刊した市史研究資料「白保の民話1・2」。市史民話小委員会委員で白保出身の石垣繁氏が話者の故・米盛一雄氏から方言で聞き取った民話計35話を収録している。石垣氏によると、聞き取る人が白保の方言を理解できないと、共通語が交ざってしまうという。自身も含めて監修した委員4人の働きに触れ、「こんなに4拍子そろった本はない」と自信をのぞかせた。

 ▽…世界最大規模の奉仕団体ライオンズクラブの日本のガバナー協議会議長連絡会議代表世話人に識名安信さんが就任。識名さんは東北大震災の支援活動の際、被災地の人に「石垣島の黒糖の甘さ、南国からの思いやりに生きる勇気をもらった」と感謝してもらった思い出を語り「地元はもちろん、被災地が遠くても思いやりの実践を」と誓った。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム