八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

数日前から普段は静かな筆者の大学時代の学生寮生の…

 数日前から普段は静かな筆者の大学時代の学生寮生のグループLINEが騒がしくなった▼西日本を襲った集中豪雨のやりとりだったが、その中で岡山県に住む1人が被災地の写真をアップした。同県倉敷市真備町だ。そこには一面、家屋が屋根だけを残して水に漬かる惨状が上空から撮影されていた▼その写真の中に1軒の家に赤丸がされていた。写真をアップした本人の家だ。2階の屋根だけが濁った水の上にある。言葉を失った。本人は避難所暮らしだという。まさか、自身の知り合いがあの悲惨な状況下に置かれているとは思いもしなかった▼西日本豪雨で160人以上の死者が出て、まだ90人が行方不明となっている。やっと水が引き、被災地では、行方不明者の捜索と被害に遭った人々の自宅の片付けが始まった。悲痛の中、苦しく、むなしい作業だろう。被災地の1日も早い復興、復旧を祈りたい▼八重山地方も10日、台風8号に見舞われた。最大瞬間風速70㍍の予報に戦々恐々としたが、風は42㍍台に止まり、サトウキビなど農作物を中心に1億4000万円余の被害が出たが、人的被害などが無かったことにホッとした▼自然災害は人間の手で止めることはできない。だが、その備えはできる。備えあれば憂いなし。台風シーズンに備えを。(下野宏一)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム