八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

東氏に市政功労表彰 市制71年

中山義隆市長から地方自治部門の市政功労賞を受ける東民雄氏(左)=10日午前、市長室

中山義隆市長から地方自治部門の市政功労賞を受ける東民雄氏(左)=10日午前、市長室

大阪で古里支援活動

 石垣市は10日、市制施行71周年記念式典で予定していた表彰のうち、自治の進展・団体活動に関する功績があったとして近畿八重山郷友会相談役の東民雄氏(79)=大阪市鶴見区=に市政功労賞を贈った。式典は台風8号の影響で延期となったが、東氏が式典に合わせて来島したため表彰式を市長室で行った。

 東氏は竹富島出身。1979年に同郷友会に入会。事務局長、会計、副会長を歴任し、2004年度から10年度まで会長を務めた。

 1995年1月の阪神大震災後、八重山広域市町村圏事務組合が窓口となって行った郷友への義援金活動で、対象者名簿の作成に奔走した。

 2006年の八重山商工春夏連続甲子園出場に際し、「八重山商工球児を迎える会」を立ち上げ、募金活動などの支援を実施。同年に台風13号の被害を受けた石垣市と竹富町に義援金活動を行った。

 東氏は「異郷の地で八重山が恋しいという一念で活動してきた」と振り返り、中山市長は「東さんの功績は大きい。今後も後進の指導に力添えを」と感謝した。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム