八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

台風8号 停電に住民、不安な一夜

台風8号の被害を恐れ、石垣市健康福祉センターに避難し、不安な時を過ごす住民ら=10日午後2時ごろ、同センター

台風8号の被害を恐れ、石垣市健康福祉センターに避難し、不安な時を過ごす住民ら=10日午後2時ごろ、同センター

3市町で99人が避難
暴風に憔悴、横になる人も

 非常に強い台風8号の接近に備え、八重山3市町は10日朝から各地に避難所を開設した。同日午後8時までに石垣市では54世帯91人、竹富町黒島で1世帯2人、与那国町では4世帯6人が避難した。最大瞬間風速が、石垣島で3年前に記録した観測史上最大の71㍍に匹敵する70㍍と予報されたため、住民らは「怖い思いをしたくない」と避難所を訪れ、「被害がないことを願う」と祈るような気持ちで台風の通過を待った。石垣島北西部を中心に最大約950世帯で停電も発生、住民は不安な一夜を過ごした。

 市は同日午前、市健康福祉センター、川平小中学校、伊原間中学校の3カ所に避難所を開設。桴海、桃里、伊原間、平久保、野底の北部5地区には避難勧告を発令したが、北西部では避難住民はいなかった。

 センターでは通常、子どもセンターを開放しているが、多くの避難者が訪れると想定して、今回は集団検診ホールも使用、子どもセンターを高齢者と障がい者のスペースにあてた。

 避難者は飲料水や食料、寝具を持参して来所、不安顔でスマートフォンやテレビの台風情報を確認、憔悴(しょうすい)して横になる住民もいた。

 娘と孫の4人で正午過ぎに避難した女性(63)=新栄町=は、過去に台風で家のガラス窓が割れ、眠れぬ一夜を過ごしたという。「孫もいるので怖い思いをして一夜を過ごすよりも避難を選んだ。ここなら安心。今回の台風は尋常でないとニュースで知っていたので、9日から避難準備を進めていた」と落ち着いた様子で話した。

 交際相手と訪れた男性(38)=川平=は「家の前が海で、高潮に警戒して避難した。被害がないことを願いたい」と心配そう。

 共同住宅から避難してきた女性(76)=新川=は「最大瞬間風速が70㍍も吹くと聞いたので避難した。風が強いと住んでいる建物も揺れるため、怖くて眠れない」と落ち着かない様子だった。

 石垣市と宮古島市の避難所には沖縄セルラー電話㈱(au)が災害対策事業の一環として本島から職員各2人を派遣。ブースを設けて充電器、通話・テザリング機器を無料で貸し出す支援を行った。

 事業活性化推進室の金城一樹主任は「これから夜中にかけて充電を必要とする方が増えると思う。携帯電話の利用サービスをなるべく途切れさせないようにしたい」と話した。

  • タグ: 台風8号
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム