八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

英国は1月、孤独担当大臣を設置した。…

 英国は1月、孤独担当大臣を設置した。人口約6500万人のうち900万人が孤独を感じ、友人や親戚と1カ月以上会話していないお年寄りが20万人にのぼるという。その現実に国家的戦略で立ち向かう▼日本ですぐに連想されるのは孤独死。だが、出版界では「孤独」本が急増中。ただしプラス思考、ポジティブ路線が多い。読者層も中高年だけでなく、他人との向き合い方に悩む若い世代向けだったりする▼「孤独のすすめ-人生後半の生き方」五木寛之(中公新書)の「帯」コピーは「人は年をとると孤独という自由を手に入れる」である。現在、書店売り上げ上位に入っているのは、下重暁子著「極上の孤独」(幻冬新書)。コピーは「孤独ほど贅沢で愉快なものはない」▼孤独を恐れるあまり人と群れ、人に迎合ばかりして余計に疲れて寂しくなる。SNSを通じて知り合った者たちが見知らぬ女性を拉致し殺害する。地震などの災害時にデマ、偽情報をつぶやく者も▼スマホを手放せない現代社会への処方箋、あるいは警告なのだろう。無駄な情報を遮断し、自分とひたすら向き合い心を解き放つ。本当は何をしたいか、どうありたいか▼孤独は自由やぜいたく、愉快という提唱。試してみるとしますか。そんなすぐに成熟した境地に立てるか不安は残るけど。(慶田盛伸)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム