八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

竹富町史第七巻 波照間島を発刊

波照間島編専門部会の会員や編集スタッフらが「竹富町史第七巻波照間島」の発刊をPRした=6日午前、町長室

波照間島編専門部会の会員や編集スタッフらが「竹富町史第七巻波照間島」の発刊をPRした=6日午前、町長室

「多くの場所で活用を」
島々編5作目

 竹富町史編集事業の「島々編」シリーズ、「竹富町史第七巻 波照間島」(すむづれの島波照間島)がことし3月に発刊され、関係者が6日午前、竹富町役場で会見し、発表した。シリーズ5作目の同書は、歴史、自然、生活、伝統文化など13章で構成。B5版904㌻。波照間島編専門部会の玉城功一会長は編集を通して「島の魅力や特徴に改めて気づかされた。多くの場所で活用してもらいたい」とPRした。

 竹富町史編集員会を立ち上げ1989年に始まった同事業は、歴史をまとめた「通史編」、新聞記事や写真を収めた「資料編」、各島を紹介した「島々編」の3本柱で編集。島々編ではこれまで、竹富、小浜、新城、鳩間が発刊され、第四巻黒島、第八巻西表は現在編集中。

 波照間島編は、2003年に島出身者で専門部会を組織、各分野の専門家が16回の会合を重ね、発刊にこぎ着けた。執筆者は28人。群雄割拠時代とオヤケアカハチ事件、燐鉱の興亡、パイパティローマ伝説、酒造業など島独自の歴史や文化が記され、読み応えのある文献になっている。

 同委員会の石垣久雄委員長は「完成に15年の年月を要したが、島の歴史や文化が凝縮された作品に誇りを持っている」と出来栄えに満足した様子。

 西大舛髙旬町長はあいさつで「他の地域にはできない事業。先生方に感謝申し上げ、波照間島編を広く伝えたい」と述べた。

 仲田森和教育長は「熱意のもとに出来上がった町史を町内の各学校でも活用したい」と感謝した。

 同書の発行部数は600部で、1冊3000円(税抜き)。市内の山田書店、ブックスきょうはんやいま店、南山舎のネット販売「島のもの屋」、沖縄本島の書店でも販売している。

  • タグ: 竹富町史
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム