八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

6日朝、オウム真理教元代表の麻原彰晃(松本智津夫)死刑囚の…

 6日朝、オウム真理教元代表の麻原彰晃(松本智津夫)死刑囚の死刑が執行されたとの速報に触れ、22年前のことがよみがえってきた▼1996年も押し詰まった12月3日、オウム真理教幹部の林泰男容疑者=死刑囚=が石垣島で逮捕された。当時は入社して1年余り。スポーツとともに事件事故を担当していたので、衝撃の報を受け、大急ぎで八重山署に駆けつけた▼先輩記者と署に詰めて取材に当たり、移送される瞬間を写真に収めるべく、緊張しながら今か今かと待ち構えていた。島外からも報道陣が駆けつけて署内は騒然。署周辺はやじ馬で黒山の人だかりだった▼「まさか石垣島で」と驚いたが、林死刑囚は1987年に石垣島と西表島で一週間ほど滞在していたことが当時確認されており、90年には信者ら1000人余りが研修目的で来島したこともあった▼そのオウムが95年3月に起こした地下鉄サリンなど一連の事件は、日本中を震撼(しんかん)させた。松本死刑囚は事件について自ら語ることなく、最期を迎えた▼死刑制度については議論のあるところだが、今回に関しては、かつての教組が神格化されるのではないかとの懸念に、考えさせるものがある。たしかに、オウムは消滅したが、教義や信者の一部が引き継がれているのだから。(比嘉盛友)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム