八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

与野党とも人選難航 与那国町議選

今選挙から議席数が6から10に拡大する町議会。告示まで2カ月を切り、候補者の擁立作業が加速している=6月15日、与那国町議会

今選挙から議席数が6から10に拡大する町議会。告示まで2カ月を切り、候補者の擁立作業が加速している=6月15日、与那国町議会

現段階で予定候補8人 無投票の可能性も
告示まで2カ月

 【与那国】任期満了に伴う9月9日投開票の町議会議員選挙は同4日の告示まで2カ月となった。現職では、今期限りの勇退が浮上していた大宜見浩利氏(61)=祖納=が出馬の意向を固めたため、6人全員が立候補を予定。現職以外では、元職で団体役員の嵩西茂則氏(56)=比川=、新人で会社代表の金城信利氏(44)=祖納=が出馬の意思を示し、会社代表の杉本和信氏(48)=祖納=が調整を続けている。

 昨年8月の町長選挙に出馬して落選したが、町議復活を望む声がある前職の糸数健一氏(64)=祖納=は態度を明確にしていない。今選挙から議席数が4増の10に拡大するが、与野党ともに人選が難航、現段階で出馬を決めているのは8人にとどまっている。無投票の可能性が高まっていることから、今後、擁立作業が加速しそうだ。

 今選挙は与野党の勢力図の変化に注目が集まる。現勢力は野党4、与党2。野党側は採決に加わらない議長を除いても3対2で過半数を占めており、少数与党の外間町長は厳しい町政運営を強いられている。

 このため与党側は、過半数奪還に向け保守層の掘り起こしを進めており、予定候補者を5、6人確保したい考え。新たに60代男性(久部良)に出馬を打診しながら女性候補者の擁立にも着手。女性票の獲得など、これまでになかった支持層の拡大を狙う。

 一方、野党側は過半数の堅守を掲げ、現職4人を軸に新人候補者1人の擁立を進めている。革新地盤を持つ野党側は、昨年8月の町長選挙で反外間の保守候補と共闘を実現。町議選でも「反外間」勢力を拡大させて保革を超えた支持を取り付ける考えだ。

 現職で出馬を決めているのはほかに与党の前西原武三氏(64)、野党の田里千代基氏(60)、與那覇英作氏(58)、崎元俊男氏(53)、与那原繁氏(56)。

  • タグ: 与那国町議選
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム